家造りでまず決めることは、間取りです。間取りによってその住宅の暮らしやすさも変わってくるだけに、住宅内の動線をイメージしながら無駄な動きをせず、効率よく移動できる住まいを目指しましょう。そこで我が家が間取りを決める際に注目したのが「洗面室」です。

洗面室は、家族みんなが一日何度も多目的に使用しますし、家事を行う上でも重要な空間です。そのためこの洗面室を行き止まりのない回遊型の動線にしました。帰宅してスムーズに洗面室へ行けるように、玄関側からの動線と家事を行う上でキッチンと洗面室はよく行き来をするため、キッチンからの動線と2方向の動線を確保したのです。玄関側の動線を得たことで、帰宅してまずこの洗面室へと向かい手洗いを行います。外で汚れて帰宅してもスムーズに洗面室へと行けるため、室内を汚さずに済みます。

家事を行う際に、キッチンで朝食の支度をしながら洗面室では洗濯を行ったり、夕飯の支度を行いながら洗面室では入浴の事前準備や洗濯物をまとめたりとこれら2つの空間で同時に2種類の家事を行うことが多いだけに、キッチンからの動線のスムーズさが家事の効率に大きく影響してきます。キッチンからの動線を確保し同時に2種類の家事を行いやすくしたのです。キッチンから洗面室、そして玄関へとスムーズに移動できるため住宅内の動きもしやすいのです。間取りを決める際には動線を意識して、最短で動きやすい動線にしましょう。