子どもが幼少期は、個室を必要としません。我が家の子ども達はまだ小さいためそれぞれに個室を設けるのではなく、広々としたワンルームの子ども部屋を設け、将来的にこのワンルームを二つの個室として利用できるように計画しました。

住宅の中で空間に一番変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長に合わせてピッタリの空間が広がるようにしてあげたいものです。将来二つの個室になることを想定して出入りするドアや窓、照明やコンセント、クローゼットは二部屋分設けておきます。このようにしっかりと環境をあらかじめ設けておくことで、個室を必要とした時おおがかりなリフォームをすることなく空間を簡単に区切ることができるのです。

空間を区切る際は、壁で区切るのもいいのですが、可動間仕切り収納を取り入れるとより簡単にそして手軽に空間のレイアウトを変更することができます。幼少期は壁に沿わせるようにこれを設置しておきます。そうすることで広々空間が確保でき、のびのびと遊べる空間が広がります。小学校高学年頃になると兄弟姉妹との繋がりを感じながらも、プライベートな空間も欲しくなるものです。この時期は可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央で移動させ、独立した空間を手に入れられるようにします。そして、中学・高校生頃になると個室が必要とするのでその時には残りの間仕切り収納を部屋の中央へと移動させて空間を完全に区切るのです。

子ども達が成長すればいずれは巣立っていきます。巣立っていった子ども部屋を再びワンルームへと戻して新たな活用法を取り入れることもでき、臨機応変に対応しやすくなるのです。子ども部屋は柔軟な対応が行える環境作りを心がけましょう。