我が家はリビングの一部分に吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けるかどうかは最後まで悩んだことの一つでもあります。

吹き抜けを設けることでリビングがオシャレな印象になります。視線が二階にまで繋がることで面積以上の広さを確保することができますし、高い位置に設けた窓からは日差しをたっぷりと採りこむことができ、明るさや風通しを確保できるのです。縦に空間が繋がることで立体感が増し、家族がどこに居ても互いの気配を身近に感じ、家族の繋がりやコミュニケーションを大事にできるのです。

このような魅力がある一方で、デメリットが気になりなかなかふんぎることができませんでした。それは冷暖房効率を下げるということです。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇していきます。一階のリビングで暖房を使用しても吹き抜けを通し二階へと暖気が流れていってしまい、リビングの足元はひんやりした印象が残るのです。そこで建物自体の断熱性を高めることと、熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性を高めました。そうすることで外気温に影響されず室内の暖気を外に逃がしにくく、外から入ってくる熱を遮断し冷暖房を効率よく使用できるようになるのです。建物全体の断熱性を高めることで一階と二階で温度差の少ない家にすることができるのです。

吹き抜け部分には天井ファンを設置し、上がってくる暖気を循環させたり、足元から暖めてくれる床暖房を取り入れて対策をとっておくのもいいと思います。冷暖房を使用した時の最初の動力は面積が大きいため少しかかってしまうのですが、冬でも暖かな住まいが広がり、冷暖房を効率よく利用できるので吹き抜けを設けて良かったと思っています。