最近では二階の子ども部屋に立派な学習机を購入するよりも、リビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける方が多くなってきています。リビング学習は子どもの学力を向上するとも言われており、二階の自室で一人こもって勉強する子どもは少ないのです。周りに生活雑音がある方が落ち着くという人も多く、分からないところや質問したい時近くにいる親に聞けるためコミュニケーションを深めることもできるのです。

子どもがよりよい環境で勉強を行えるようにスタディーコーナーを設けておきましょう。ダイニングテーブルやリビングのローテーブルでは集中力に欠けてしまいますし、食事をする場所と勉強をする場所が同じというのも生活にメリハリが失われてしまいます。我が家はダイニングの窓際にスタディーコーナーを設けました。子どもが二人並んで勉強できるように、また親子で並んで宿題のチェックが行えたりできるように横幅を設けていますし、教材を広げて勉強しやすいように奥行も確保しています。

カウンターの下には両サイドにオープン棚を設けており、勉強道具の一時置きスペースやランドセル置き場として重宝しています。収納スペースがあることで勉強をしない時はカウンターの上をスッキリと片付けられるのです。正面には窓があるため自然の明るさを採りこめ明るい環境で勉強ができ、クロスをマグネット壁紙にしたことで時間割など学校からのプリントを掲示できるようにもしています。キッチンで夕飯の支度をしながら子どもが勉強している様子が確認できますし、子どもにとっても親が近くにいる安心感から勉強に集中できるのです。このようなスタディーコーナーを設けておくべきだと思います。