浴室は、一日の身体の汚れを落とす場所でもありますし、疲れを癒し、リラックスする場所としても利用されます。しかし、滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多く起きている場所であることも忘れてはいけません。家庭内で最も危険な場所でもあるだけにしっかりと安全性の確保を行っておきたいものです。

まず、滑りにくく衝撃を吸収してくれる床にしましょう。以前のようなタイルのつるつるとした床は、滑って転びやすく、大きなケガをすることもあります。最近の浴室の床は、表面の凹凸を細かくすることで濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、膝を直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。

次に浴槽です。以前は、和式の高さのある浴槽が多かったです。高さのある浴槽を床に置くタイプであったため、入浴する時には足を高く上げてまたがなければなりませんでした。小さい子どもや足腰の弱った高齢者にとってはとても入りづらいものでした。最近では半埋め込み式が主流となり、また浴槽の形状も高さよりもゆったりと寝そべって入浴できるような形状が多くなっているため浴槽へのまたぎ部分の高さが低くなり、よりスムーズに出入りが行えるようになっています。

浴室内では、立ったり、座ったり、またいだりと意外と動作が多いだけに、転びやすい姿勢になる場所につかまりやすい手すりを設置し、浴室の安全性を高めるといいと思います。快適なバスタイムを送るにはまず安全性の確保が必要なのです。