我が家の住宅で一番こだわった部分は、床です。床は直接肌が触れる部分でもあるだけに触感を大事にしたのです。そこで取り入れたのが浮造りの床です。「浮造り」とは、木材の加工方法の一種で、木の表面を丁寧にこすり、年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足の裏を優しく、心地よく刺激してくれるのです。足裏を刺激することで、身体のバランスを改善したり、肩こりや腰痛、偏頭痛の予防にも期待できるのです。また、可視光線を吸収し眼精疲労を防ぎます。湿度調整効果もあるので、冬あたたかく夏はひんやりした感触が得られるのです。

多く取り入れられている合板フローリングだと、夏はペタッと張り付いたような感触で、冬は寒くて裸足で歩くことができません。無垢材の魅力はこの触感の良さが大きいのです。一年を通して裸足で暮らすことができ、自然治癒力が高まるのです。年輪が際立ち表面に凹凸がある浮造りの床は、滑りにくくなり、小さい子どもから高齢者まで安心して暮らせる家になるのです。

また木目の美しさを眺めているだけで癒し効果が得られ、木の本来の温もりを感じることができるのです。しかし合板フローリングに比べると無垢材の床は割高な素材であります。しかし、素材にこだわった家造りをすることで、住宅への愛着も高まりますし、経年変化を楽しみながら暮らせる住まいにもなるのです。予算調整をしながら、部分的に合板フローリングやクッションフロアなどを取り入れ、家族が長時間過ごすリビングに浮造り加工をした無垢材を取り入れたりするのもいいと思います。