特に小学生頃の子ども達が勉強する場所は、二階に設けた子ども部屋ではなく、一階の家族がすぐ近くにいるリビングやダイニングで行う子ども達が多いのです。そのため立派な学習机を購入するよりもリビングやダイニングにスタディコーナーを設ける方が多くなってきました。リビング学習は子どもの学力の向上にも繋がっているというデータもあります。親がすぐ身近にいるという安心感、そして質問したいところや分からないところがあればすぐに質問できることで勉強がスムーズに進められるのです。

しかし食事をするダイニングテーブルやリビングにあるローテーブルで勉強をするのでは、生活にメリハリが生まれません。食事をするダイニングテーブルで勉強をすれば、食事をする度に勉強道具を片付けなければいけません。また食事をするテーブルの上に消しゴムのカスが散らかれば衛生的にも良くありません。またリビングにあるローテーブルでは自分の身長に合わず姿勢を悪くしたり、勉強への集中力を欠くことにもなります。そこで子ども達が集中して勉強をしやすい環境を整えてあげるのであれば、リビングやダイニングの一スペースを利用してスタディコーナーを設けるといいのです。

横幅を設ければ、兄弟姉妹が並んで一緒に勉強することもできますし、子どもが勉強している横で親が宿題のチェックを行うこともできるのです。カウンターの上部には飾り棚を設ければ素敵な空間が広がりますし、下部にはオープン棚を設け勉強道具を一時置きできるスペースを設けるとカウンターの上をスッキリと片付けられます。コンセントや照明の設置も忘れてはいけません。スタディコーナーを設けて子どもの学力を向上させたいものですね。