浴室は、一日の体の汚れを落とす場所です。それだけでなく一日の疲れを癒し、最高にリラックスできる場所でもあります。しかし多くの事故が起きている場所でもあるのです。滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い浴室は、家庭の中で最も危険な場所の一つです。特に小さい子どもや高齢者のいる家庭では安全面に配慮して安心して入浴できる浴室を心掛ける必要があります。

浴室では立ったり、座ったり、またいだりとお風呂の中では意外に動作が多いです。つかまる所がなければとても入りにくいのです。浴室内での入浴動作を考え、浴槽の出入りの時や、洗い場に移る時にころびやすい姿勢のときにつかまりやすい位置に手すりが付いているかを確認しましょう。また手すりの形状や位置においては自由に選ぶことができます。掴みやすい手すりの形状を選び、ここにあると安全性が高まるなという位置に手すりを設置しましょう。

そして脱衣所から浴室へ入る部分の段差をなくしましょう。以前は段差をつけることで、浴室の水が脱衣所に入ることを防いでいましたが、ドアの下に取り付けられたゴムストッパーで、浴室の水の浸出を防ぐ技術が開発されました。その結果、つまづいて転倒するような心配もなくなりましたし、車イスでもスムーズに出入りができるようになったのです。これなら小さい子どもから高齢者まで入りやすい浴室になります。

そして水栓の操作のしやすさも忘れないようにしましょう。以前はお湯と水それぞれ日本のパイプがむき出しになっていました。洗髪中に手さぐりで水栓を操作している時に触って火傷したりすることがありました。最近では水栓がカウンターと一体化してスッキリとしたものが増えてきました。操作がしやすく、火傷の心配もないので安心です。浴室は入りやすく安全性の高い空間にしましょう。