先日遊びに行った新築住宅の友人宅は、リビングに入ってまず目に飛び込んでくる階段途中に設けられた中二階スペースでした。この中二階スペースは二階へ上がる階段途中に設けられており、ここから一階のLDKを見渡すこともできれば、LDKから中二階スペースへと目が行き届くのです。この特別な空間は子どもが気に入り主に、キッズスペースとして利用していました。

幼稚園へ通う子ども部屋として機能していた中二階スペースは、親も安心して子どもに利用させることができるのです。幼稚園の支度や、帰宅時にはここで荷物を置き、部屋着に着替えそのまま遊べる空間となっていて、子どもの憧れの空間と言っても過言ではないのです。一階のキッチンで家事をしていても、しっかりと中二階スペースに目が行き届くので安心できるのです。子どもにとっても一階を覗けば家族の顔を見れるので安心して遊びに集中できるのです。

ここには空間にぴったりのカウンターが設けられており、お絵かきをする時に重宝するのです。もちろんここはキッズスペースとしてだけでなく、多目的に使用できるのです。ここにカウンターがあることで、パソコンを行うスペースとしても最適ですし、裁縫をしたり家事を行うスペースとしてもいいと思います。子ども達に邪魔されることなくパソコンができたり、家事をスムーズに進められればママのストレスも軽減されることでしょう。

時には旦那さんの書斎コーナーとして活用すれば家族みんなで使える便利なスペースとなるのです。階段と言う通路でしかない場所に多目的に使用できるスペースを設けることで、マイホームでの居心地が高まりそうです。