住宅の第一印象を決める玄関。この玄関を美しくきれいに保つにはシューズクロークの存在が不可欠です。最近では玄関スペースよりシューズクロークの方を重視する人も多いです。シューズクロークが充実していることで、例え玄関スペースが狭かったとしても狭さや圧迫感を感じないのです。なぜなら靴や物が散らからないからです。シューズクロークがなければ、玄関部分に靴箱に入りきれない靴が並べられます。また玄関部分やポーチ部分につい置きっぱなしになりがちなサッカーボールなどのスポーツ用品や子どもの三輪車やベビーカーなどが散らかります。これらが玄関スペースを占領することで玄関の快適性は失われてしまうのです。

シューズクロークには家族の靴をしっかりと収納しておくことができます。今までの収納力のない靴箱とは違い、天井にまで広がる可動オープン棚にどこにどの靴が収納されているか一目で分かるようになるのです。このようになることで外出が今までよりもスムーズに行えます。そして子どもの三輪車やベビーか、スポーツ用品などついつい玄関部分を占領してしまうこれらをシューズクローク内の土間収納部分にしまえるようにしておくことで、外で使用し汚れてもそのままシューズクローク内にしまうことができるのです。

物のないスッキリとした玄関を保てることで急なお客様にもしっかりと対応できるのです。シューズクロークを行き止まりにするのではなく、シューズクロークから室内へ入れる動線を確保する家庭も多いです。通路を確保する分収納力には欠けるのですが、スムーズな動線を得られるので、外出や帰宅が今まで以上に楽になります。玄関の快適はシューズクロークにかかっているのです。