洗面室は動線を重視して間取りを決めましょう。洗面室への動線は家族みんなが使いやすいように生活動線に気を付けることと、ここに洗濯機を設置することから家事を行う場所でもあります。生活動線だけでなく、家事動線にも配慮する必要があるのです。

親戚宅は洗面室を回遊型の動線にしていました。外でたくさん遊んで帰ってきても、玄関近くに洗面室があれば手洗いもスムーズに行えます。またリビングでくつろいでいる間に歯磨きをしたり、入浴をしたりします。リビングからのアクセスのしやすさも必要です。

またキッチンと洗面室の動線も家事を行う上で重要です。動線は短く、そしてスムーズに行き来できるようにしておきたいものです。洗面室を回遊型にすることで円滑に住宅内を移動できるようになります。行き止まりのない回遊型は暮らしやすさにも繋がるのです。
洗面室は使用頻度が高い場所なので、家族の行き来も頻回に行われます。それだけに回遊型であると家族が洗面室で肩をぶつけることもなくなります。またこの洗面室を広く確保する家庭も非常に増えてきました。洗面室を広く確保することで収納スペースを充実させることもできますし、広い洗面台を設けて家族が2,3人並んで身支度をするのもしやすくなります。洗面室を使いやすくすることで暮らしやすさが高まり、満足度の高い家になると思います。洗面室への動線や広さに注目してみて下さい。