家造りを始めるには、まず業者を選ぶことから始まります。この家造りのパートナー選びこそが、重要なポイントになるのです。希望に沿った、または希望以上の家を実現できるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。
しかし大手ハウスメーカーから地元の工務店まで入れると数多くの業者が存在します。その中から自分達に合った一社を選び出すというのは大変難しいことでもあります。多くの特徴を知ることから始めることで、選びやすくなると思います。

まず大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。モデルハウスやカタログなどで住宅のイメージを沸かせやすくしてくれるのです。実際に私も家を建てることを決めた際にはまず大手ハウスメーカーのモデルハウスへ行きました。営業・設計・施工などとそれぞれの部門の人がしっかりと教育されているのでしっかりとした印象を持ちました。
しかしその反面、自社製品しか売ってくれず、商品が規格化されているため、自由にならない部分もあります。そしてモデルハウス維持費や広告費などで価格がどうしても割高になってしまうのです。利益第一主義だなという印象も受けました。

地元の工務店は建築主の希望や都合を最優先してくれる傾向にあります。地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのこと、施工後のメンテナンスも重要視しています。しかし世間一般的には会社規模が小さいため不安視する人も多くいます。大手ハウスメーカーに比べ提案力に欠けていると感じる人も多くいると思います。それぞれの特徴を知り、まずはどちらが自分達に合っているかを絞ることで、業者選びがしやすくなると思います。