住宅に和室がないという家も多いと思います。私が現在住んでいる戸建ての賃貸住宅には和室がありません。実家には畳のある部屋も多く和室での生活に慣れていた私は結婚して、全室フローリングの家に少々抵抗を感じます。住宅も洋風化が進む中、和室の存在やあり方が大きく変化していっているのです。

しかし住宅のどこか一室でも和室を設けたいと考える人も多いです。従来のように客間としての和室を設けるのではなく、リビングの一角やリビングの延長線上に和室を設けて普段使いできる和室を求める人が多いのです。このようにすることで和室をより身近な存在に感じますし、和室の本来の魅力に触れる機会も増えるので大変いいと思います。

またこのスタイルはリビングにより開放感や広さを与えてくれます。家族団らんの場となるリビングをより広く、快適で居心地のいい空間にしたいと考える人は多いので、このような人にとっては最適な間取りとなるのです。

我が家もついに新築住宅を建てることになりました。この新築住宅の和室は客間としての和室としても利用できますし、リビングの延長としても利用できるような和室にする予定です。

リビングにお通しするのに抵抗を感じるお客さんが来ることもあるでしょう。その際にはリビングと和室の間に設けた間仕切りを閉めます。そして玄関から直接この和室へ行けるようにするのです。生活感を感じるリビングは見せずにお客様を案内できます。

普段はこの間仕切りはオープンにして、リビングの延長として使用します。宿泊するお客様が来た時は間仕切りを閉め切ることで完全個室として独立した空間を提供できるので、ゆっくりとくつろいでもらえるのです。和室の扉が二か所設けられているのです。あらゆるシーンで対応できる便利な和室がこれから益々求められると思います。