どんな間取りにしたいのか、いまいちイメージがつかめないという方も多いのではないでしょうか。ああしたい、こうしたいという希望が特になくても「使い勝手が良ければいい」という家づくりをしている方も実は少なくありません。ハウスメーカーや工務店のプラン任せにしてしまうのは確かに簡単ですが、誰にでもできる住まいづくりのポイントが「不満から理想の間取りを考えてみる」という方法です。

欲しい機能や設備について具体的なイメージを持てなくても、今現在抱えている不満について挙げられないという方はほとんどいないでしょう。「もっと○○だったらいいのに」「ここはもっと○○がほしい」というように、今の住まいに対して何らかの不満や要望を抱えているはずです。まずは自分自身がどんな空間を必要としているかを知るために、どんな不満を感じているのかを知ることが、理想の間取りを考える第一歩です。

たとえばキッチンならば「床下収納が使いこなせていない」「天井のつり戸棚に何が入っているのか自分でもわからない」「シンクの右側にスペースが欲しい」というように、どんな小さなことでも書き出してみましょう。

住まいに対しての不満を一通り集めたなら、その情報を家づくりにどのように生かすことが出来るのかを考えてみます。生活動線に不満があるのなら、空間ごとの配置や廊下などにこだわってみましょう。新しい住まいは今の不満を解決する空間を目指して考えればよいのです。そう考えてみると家づくりも少しは簡単に思えてきませんか?

慣れてきたら今度は今の住まいの良いところにも着目してみましょう。いま使い勝手が良いと思っている設備やレイアウト、その他の工夫をそのまま新しい住まいにも取り入れるとより良いですよね。こうして自分自身で把握した「良い点/悪い点」をベースにプランを見直してみましょう。家づくりは「自分の希望や要望」を存分に発揮して良いもの。いまひとつ、プランナー任せになっているという方こそ、是非挑戦してくださいね。