脱衣所の床の下からシートにカビが浮き出てきてしまいました。お風呂の入り口のすぐそばで、入浴時お風呂マットの下になってしまう部分ですので、水分がシートの下に入り込んでしまったのでしょう。家族が入った後は必ずマットは干して、水分は乾いた布で毎日拭き取っていたのですが、カビ発生してしまいました。ほうっておくと多分お風呂への入り口周辺すべて黒くなってしまいそうで、小さいうちに貼り替えをすることにしたのです。

早速、業者さんに来てもらいました。洗濯機を移動することは面倒なので洗濯機置き場の前でシートをカットしてもらいそこから貼り替えをしてもらうことにしました。結局は水分が床のクッションシートの下に入り込むことが原因なので、防水のシリコン加工をシートの貼り替え後の隙間にしてくれるとのことでした。クッションシートをはがしました。思った通りお風呂場への入り口一帯は真っ黒になっています。こんなになってしまっていたのか!と驚くばかりです。後は業者さんがやる作業をちらちらのぞき見をさせてもらっていたのですが、そのカビの部分をキレイに削るのですね。削った後の床のシート下のカビはすっきりと何もなくなっています。そのあとは床の凸凹を削って出来るだけ平らにしていたようです。後は削ってでたかすを専用の掃除機で吸い取って、シートを貼っていたようです。その後防水のシリコンを隙間にしぼり、きれいに加工して終了です。臭いがきついのでしばらく換気扇を回していました。2時間ほどは触らないようにと言われました。

こんな簡単に短い時間で済みます。脱衣所のカビはどうしても発生してしまうと思いますが小さいうちに対策をすることで、費用も時間も少なくて済みますので是非やってみたらいかかでしょう?