大掃除で、一番頭が痛いのが、キッチンです。

キッチンには、水アカや油汚れだけでなく、野菜の泥汚れや調味料などの汚れなど、実にさまざまな汚れが流し台には付きます。プロに掃除を頼む場所としては、断然にキッチンが多いです。毎日使う場所であり、汚れやすい環境なのに、住まいの中で一番清潔でなくてはなりません。改めて、大掃除でなく、普段から掃除をしやすい環境を整えて、プチ大掃除を繰り返していくように考えていくと、そんなに大変なことではなくても、汚れをためてしまうと、プロに出動してもらわなくてはなりません。掃除しやすい環境を整えるという意味から工務店さんに色々な提案をしてもらいました。

キッチンの油汚れのトップは何と言っても換気扇です。換気扇掃除が簡単にできない理由は、油汚れがひどく、掃除が面倒なフィルターの存在と、換気扇本体の掃除の難しさです。そこで、思い切って、フィルターのないタイプのレンジフードをセレクトしました。

しかし、フィルターがないと、ダイレクトに油煙が換気扇をひどく汚してしまいます。そこで、換気扇本体を簡単にパーツが外せるタイプにしました。換気扇の部品を外して、市販の専用の洗剤をかけて、しばらくおいておくと、簡単に汚れを落とすことができます。そのため、こまめに手入れすることができます。

熱源もIHクッキングヒーターを選択し、天板に五徳がないので、簡単に手入れができます。シンクも油汚れが簡単に取れる材質のものを選択しました。キッチンの壁も防汚、抗菌、防臭効果のある内装用タイルを貼り、汚れても、さっと拭くだけで、綺麗になります。鍋などの収納部分内部にはステンレスの薄板が貼られたものをセレクトしたので、汚れても、拭けば、新品のようにピカピカです。

大切な住まいですから、綺麗な状態を維持していきたいけれど、手間が省ける「掃除楽々仕様」の住まいになりました。