住まいの中で一番狭い部屋と言えば、トイレです。トイレは基本的には汚れるところです。日頃から清潔に保つことが大切ですので、

掃除をしやすいことが第一条件になります。

 最近は、タンクがない便器があります。従来のものは、便器の後ろにタンクや配管があり、掃除をするのに、邪魔でした。それが、タンクがなく、配管も邪魔にならないように工夫されています。トイレの床は、飛び散る尿や強い洗剤などで大変なストレスを受けます。建材の耐久性の技術が上がり、フローリングでも、タイルでも、塩ビシートの床材でも、掃除も楽にできます。

案外、問題となるのは、トイレの広さです。これは、主人の意見ですが、女性は座って用を足すので、そこまで気になりませんが、男性は立って用を足すので、立つ所が狭いと、不安定な姿勢となって、周囲を汚す原因になるそうです。ですから、ある程度の広さを確保するということは、清潔という意味からも大切なのです。それに、トイレが狭いということは、掃除自体もしにくくなります。

床や壁は拭き掃除をすることで、清潔を保つことができます。私は床と壁については腰壁程度の高さまではタイルを選択しました。簡単に拭くことができる上に、最近では臭いや汚れを防ぐものだけでなく、抗菌性や抗ウィルス性の効果が認められるものも出ています。市販のトイレ用のお掃除シートを常備して、汚れたらすぐ拭くことを励行しています。こうしておくと、特に、来客時に焦ることもなく、大掃除に時間を割くこともなくなりました。

また、トイレの床が水に濡れるのは、手洗いの時が多いようです。スペースの関係上、どうしても手洗いスペースが小さいからです。我が家の場合は、スペースを確保して、少し大きめの手洗い用のボールを設置しました。