新築で家作りを考えている人や既存住宅や中古住宅のリフォームを考えている人達にも関係しますが今回は台所のコンロについてです。
コンロをガスコンロにするかIHのコンロにするか迷われる方も多いのではないかと思います。
滋賀でリフォームを考えている親戚もその一人です。
最近ではIHのコンロを新築やリフォーム時に入れる方の割合も増えてきているようですが、IHのコンロはお手入れが簡単というのが決め手のようです。
ガスコンロは五徳の掃除に手を焼くなんてことが当たり前のようでしたが、IHのコンロはガラストップの表面を拭くだけでお手入れできるというのが奥様方からすると非常に魅力的のようですね。
台所では調理時に熱や水蒸気、油煙が発生します。これらがコンロのまわりに拡がってしまうと壁や天井の汚れや傷みの原因になります。
換気扇からの排気だけでは限界があり完全に防ぐことはできません。
しかしIHクッキングヒーターの場合、熱や水蒸気、油煙の発生を少なく、IHのコンロは鍋自体を発熱させる仕組みなのでガスコンロのように周りの空気を暖めることはほとんどありません。
またガスの場合は燃焼に伴い水蒸気が発生しますがIHのコンロだと水蒸気の発生もありません。
IHクッキングヒーターは火を使わないので二酸化炭素も水蒸気も発生しないということなのです。
またIHのコンロは上昇気流が弱く、鍋の中から出てくる湯気や油煙の拡散も少ないということがガスコンロと比べて台所の天井や壁を汚さないと言えます。
掃除やお手入れの事と火を使わない安全性を考えると非常にメリットを感じるIHのコンロですが、
今までの鍋を全てIH対応の鍋にしないといけないということと故障した際の修理費用が非常にかかるということがデメリットになりますよね。
ガスとIHどちらが良いのか?新築やリフォームの際にしっかりと考えて下さいね。