師走に入り、気が付けばもう年末になりましたね。
年末といえば一家総出の大掃除!のイベント(?)が各家庭であると思います。
年末の大掃除と一緒に行ってほしいのが照明器具の点検です。
普段何気なく使っている照明器具ですが一年使えば電球や点灯管などの消耗が進みます。
新しい一年を迎えるためにも電球や点灯管を新しいものに変えてみませんか?
照明器具は昔から使っているもので言うと一般的には丸型の蛍光管と点灯管(グロー球)、豆電球(常夜灯)が付いていると思います。
丸型の蛍光管のワット数に応じて違う種類の点灯管が付いていると思いますが、
蛍光管が切れた時やチラチラし始めたり、また着くまでに時間がかかるようになれば交換しますが、大抵の方が点灯管の交換までしないようですね。
交換しても蛍光灯がつかない場合に照明器具の故障だと思う方もいるみたいですが、実は点灯管が消耗して付けきれなくなったと言う場合もあるので、蛍光灯を変える際には点灯管も一緒に交換するようにしましょう。
点灯管を変えると蛍光灯の寿命も延びます。点灯管にも種類があるので蛍光灯のワット数にあった点灯管を選ぶようにしましょう。
点灯管の中でも価格が少し高いのですが長寿の電子点灯管というのもあるので選んでみてはどうでしょうか。
また点灯管の交換が面倒くさいと思う方はインバーター式の点灯管不要の照明器具に買い替えるのもおすすめです。
今はインターネットでも家電や建材の販売サイトがあり、様々な照明器具を調べてみるのも良いかもしれません。
照明器具の中にはエコを考えた長寿命のスリム蛍光管を使った照明器具もあるので買い替える際には色々とみて考えてみて下さい。