カーペットカーペットの掃除はマメにコロコロローラーなどをかけて維持するのが一番ですが、
徹底的にカーペットを掃除したい場合はじゅうたんクリーナーを使いましょう。
泡状の洗剤をカーペットの上にうすくかけ、ブラシでこすりましょう。
泡はカーペット内の汚れを吸い込んで粉になり、それを電気掃除機で吸い取ります。
カーペットにできた原因不明のしみはまず水でこすりそれでダメならお酢を薄めたもので丁寧にこすってみましょう。
たいていのしみはこれでとれるはずです。
畳の手入れは、から拭きが原則です。
どうしても時間がたつうちに薄汚れてきてしまうので、そのときはお酢を使って畳をリフレッシュさせましょう。
バケツ半分くらいの水に、お酢を盃1杯くらい加えたもので雑巾がけをします。
酢には黄ばみをとる漂白効果があります。
カーペットや畳にこぼした食べ物の汚れはちゃんと処置しないとしみになってしまいます。
しみを残さないための汚れ落とし法を覚えておきましょう。
また色の濃い飲み物やジュースなどはこぼさないように気をつけましょう。
汚れには油性のものと水性のものがあり、やっかいなのは油性の汚れです。
ベンジンか消毒用アルコールで油分を落とし、色素は酢や洗濯石鹸の水溶液で落としましょう。