窓ガラス窓ガラスの掃除に欠かせないのが20度くらいのぬるま湯と新聞紙です。
ぬるま湯はガラスについた汚れを緩め、取れやすくします。
新聞紙は吸水性があるので水で緩んだ汚れを吸収してくれるのです。
また、新聞紙のインクがガラスの表面にワックス効果の皮膜を作ります。
ガラスの表面についたほこりを落としてからガラスみがきを始めましょう。
ハンディタイプの小さなほうきの穂先を垂直に立て、ガラスとの間に1ミリくらいの空間を保って払うのがコツ。
次に水で絞ったタオル雑巾で拭きましょう。
ガラスを拭くときは端から端へと真横へ移動しましょう。
隅の汚れを確実に拭き取りましょう。
下に移動する際は拭き跡が重なるようにして拭き残しをつくらずに済みます。
ガラスの表面が濡れているうちに、両手で軽くつかんだ新聞紙でクルクル曲線を描くように磨きましょう。
サッシのレール部分は土ボコリなどの汚れが溜まりやすく、形が入り組んでいるため掃除が面倒に感じますね。
サッシブラシや歯ブラシを使うと楽にできるかと思います。
とくに晴れた日は土ボコリやゴミが乾いていますから掃除しやすいと思います。
ホコリを掃き取ったら、掃除用洗剤をつけた雑巾で拭きして、から拭きして終了です。
サッシについている黒や白のプツプツはサビですから、細い棒状の物の先に布を巻き付けてこすり落としましょう。
ガラスをとめているゴム部分のカビはサッシブラシなどに住居用洗剤をつけてこすり、水拭きをして落としましょう。