お風呂の汚れは放っておくと後が大変です。
お風呂の汚れは身体の垢に含まれているタンパク質や脂肪が石鹸の成分と水が結びついてできます。
乾いて冷えて付着をくり返すうちにだんだん固まってしまうのです。
ポリ風呂やホーローの風呂は洗剤をつけて5、6分置いてから汚れをこすり取ります。
クレンザーやナイロンタワシは傷をつけてしまうので使用は避けましょう。
ステンレスの風呂は汚れがつきにくいのですが、湯面の位置が線状に汚れます。
これは粉石鹸とソフトクレンザーをつけた布かスポンジでくり返しこすれば落ちます。
木の風呂はふだんは粉石鹸をつけたタワシでこするだけで十分汚れが落ちます。
黒ずみがひどくなっていたら、薄めた漂白剤をつけたタワシでこすり、粉石鹸でこすりましょう。
よく水洗いした後に十分乾燥させることが必要です。
湯気がこもっているうちは、シャワーだけで十分汚れの付着を防ぐ事ができると思います。
全般的に毎日お風呂から出る前に裸のまま、さっとやってしまう習慣をつけると洗剤でみがくのは月に一度くらいで大丈夫なんです。
排水口はゴミ取りをこまめにしましょう。
蛇口やドアの白い汚れは、水の中のカルシウムや鉱物質の汚れで、熱いシャワーをかけてよく拭いておけばきれいになります。
タイルはふだんは粉石鹸をつけたスポンジなどで洗い、熱いシャワーをかけるだけで十分ですが、定期的に薄めた漂白剤でこすりましょう。
特に床のタイルと浴槽のつなぎ目、浴槽と壁のタイルのつなぎ目、そして目地は、漂白剤を塗ってしばらく置いてから歯ブラシでこするとよく落ちます。
浴室の壁や天井のカビは厄介です。カビを落とすには薄めた漂白剤で拭き、さらにアルコールで拭きます。
入浴後、モップなどで水気を拭くことを習慣にすればカビはかなり防げますし、換気扇は湿気を抜くために必ずまわしましょう。