Archive for the ‘ 掃除 ’ Category

排水つまりに苛性ソーダ

排水トラブルの修繕や予防に使われる薬剤で「苛性ソーダ」というものがあります。

山形で住宅を買った友人が、家庭の掃除にとインターネットで苛性ソーダを購入しました。

「汚れがよく落ちている。詰まることも少なくなったように思う。おまえも買ったらどうだ」と薦められています。

一般に市販されているパイプクリーナーでは、家庭で使われるために濃度と効能が薄いのですが、業者が使う苛性ソーダ含有の洗剤は、髪の毛のぬめりやヘドロ状の汚れを強力に落とせるそうで、インターネット通販や町の薬局でも身分証を提示すれば買えたりするようです。

この苛性ソーダ、廃油から作る手作り石鹸では欠かせない材料ですが、苛性ソーダの粉末などが皮膚に触れると危ないし、水を掛けると瞬間的に熱を出して弾けたりします。特に目に入ると失明する恐れも。なので排水管にそのまま流し込むのは大変危険とされています。

水溶液は強いアルカリ性で、たんぱく質などの汚れを分解し、溶かす力に優れていて、普通に家庭用洗剤にも含まれていたりします。

万が一皮膚についた場合は、すぐにお酢で洗うのが効果的のようです。

高校時代に、粒状になっている強アルカリの試薬を素手で触ったことがあり、担任に怒鳴られてすぐに洗い落としたことがあります。やけどなど目に見える傷はありませんでしたが、触れた指先の皮が、手荒れを起こしたようになったのを覚えています。

皮膚のたんぱく質が分解されていた、ということなのでしょう。

使い方を誤らなければ、これらの薬剤は強力なのですが、掃除用の薬剤というだけで、あまり危険を認識していない人が多いようです。ですが、苛性ソーダは劇物に指定されていますし、保管を誤ると住宅の床など、他の場所を破損する危険もあります。

排水管の中はどうしても肉眼でチェックするのが難しいうえ、つまったときは深刻になっている場合が多いです。

これらの強力な薬剤で解決することも確かにあります。ですが、使用する際は、ぜひ効能と対策をしっかり調べることをお勧めします。

普段のお手入れで排水トラブルを防ぐ!

三重で注文住宅を買った親戚は、掃除が大好きな女性です。

とにかく家中磨くのが好きなのですが、彼女の家では排水トラブルにあったことは一度もないそうです。

彼女いわく、「きちんと水周りのお手入れをしていれば、排水トラブルに合うことはそうそうない」とも。

ではどんなことに気をつけてお掃除をすれば、排水トラブルを防ぐことが出来るのでしょうか。

例えば、我が家では風呂場の排水がうまくいかず、毎回シャワーのたびに洗い場がちょっとした湖になったりするのですが、これに関しては鼻で笑われ「掃除してないの?」とまで言われる始末。

排水は、途中いくつかの枡を経由しながら排水管を通って下水へと流れていきますが、詰まりやすい箇所というものがあり、排水管が曲がっていたりするところなどに髪の毛や石鹸カスがたまったりするそうです。

なので目皿で髪の毛などを受け止め、さらに石鹸カスや垢などは水に溶けないため、こすって終わらせずに、ちゃんと浴室用洗剤を使って落とすのがいいのだとか。

浴室用洗剤は皮脂汚れを溶かす効果があるためです。

そして浴室を洗う前にはシャワーなどで一度ざっとお湯を掛けておくと、汚れが落としやすくなって効果的だとか。

台所も同じで、ストレーナや受け皿の野菜クズなど、小さなゴミでも排水しないようにするのが大事だそうです。

「汚れをなるべく汚れのままで流さずに、分解して流す」のが鉄則で、洗剤などを使ったあとのすすぎ流しも大事だとか。

トイレも流せるシートなどをむやみに流さず、使用後は別の袋などに入れて捨て、なるべくトイレットペーパー以外は流さないようにし、掃除をまめにすることが詰まりトラブル回避に繋がるのだとか。

「トイレは掃除をして汚れをこまめに落としていれば、そう簡単には詰まらない」のだそう。

さらに節水といってタンクにペットボトルなどを入れているケースがありますが、彼女に言わせると「あれこそ愚の骨頂」だそうです。手厳しい言葉ですが、水洗トイレというのは「規定水量を確保した上で」物が流れるように設定しています。

水が足りなければ、紙や汚物を押し出す力に欠け、結果的に詰まらせてしまうし、タンク内部の部品が壊れたり、動作不良を引き起こしてしまいやすいそうです。節水型トイレほどその危険が高いそうで、詰まりが深刻だと、節水額以上の修理代を払う羽目になるといいます。

変にエコを意識して、面倒くさがらずに「普通のお手入れ」を欠かさないというのが、排水トラブルを防ぐ一番身近な手段といえそうです。

クローゼットの収納法

  服をたくさん持っているのに着るものがない、新しい服を買ってきても収納スペースがないという悩みを収納の達人が解決する記事を読みました。たくさん持っているのに着るものがないのは太って、あるいは痩せて、サイズが合わなくなったわけでないですよ。

 まず、ものをへらす。持っている服を把握するために手帳に手持ちの服を書いてみるのだそうです。縦軸に「トップス/ボトムス」、横軸に「春/夏/秋/冬」で書き出します。次に頻繁に来ている服に◎、まあ来ている服に○、あまり来ていない服は△、全く来ていないものは×、冠婚葬祭用は別にします。そして、△と×は捨てます。リストアップした手帳は時々見返して、他に捨てられる服と何が足りないのかを考えるのだそうです。「欲しい服ではなく、足りない服を買う」ということが収納術の極意みたいです。

 次に、収納する。すべての衣類に「指定席」を作る。これはリビングの棚を片づけるときにも出てきた言葉です。「指定席」って大切ですね。まずつるす。クローゼットの中はつるすことが一番楽な収納方法ですがそんなに沢山はつるせません。棚に置く。ニットなどの型崩れしやすいものはたたんで棚に置く。引き出しに入れる。下着・靴下などは引き出しに並べた方が収納しやすいですよね。ここで注意点はクローゼットの中に引き出しを入れないことだそうです。クローゼットを開けて、また引き出しを開けてものをしまうというのは、開けるという行為を2回しなければならず、面倒になるらしいです。では引き出しはどこに置くの?クローゼットの収納法の記事ですよね??と疑問もわきましたが、これには目をつぶって先へ進みます。

 最後に、快適な収納状態を維持。1枚買ったら1枚捨てるようにする。今必要なものを見極めて、不要なものは処分することを常に心がけることだそうです。

 この極意を実践して究極のクローゼットの収納を追求してみませんか?

マンションの玄関掃除

  マンションの玄関の掃除はどうしていますか?外に掃いて出してしまうわけにはいきませんよね。部屋の入口のドアのそとはエレベーターホールなので、そこにゴミを出すことになってしまいます。玄関内で何とかするしかないです。一軒家に住んでいる頃は玄関の細かい砂やゴミは外に掃き出していました。外は自分の庭なのでそのままです。マンションではこんなことをすると迷惑行為になってしまいますね。玄関をはいた後、外の共用スペースも掃いてゴミをとるようにしていたのですが、毎日管理人さんが掃除してくれているので、無駄なことをしていると感じました。

 そこで実践しているのが、毎朝玄関を濡れた雑巾で拭くことにしています。子供も大きいので泥遊びなどは卒業していますし、それほど靴は汚れていません。それにマンションのエントランスホールから入って通路を歩きエレベーターをのぼってくる間に靴底の汚れはほとんど落ちてしまっています。家族4人の靴が外から持ってくる砂やゴミはたかが知れているのです。ですから朝、玄関をキレイに拭いて靴を並べると、さあ今日も元気に行ってらっしゃいという気分がもりあがってきます。一日の始まりをぴかぴかの玄関なら出発することもできますし気持ちも良いのではないでしょうか。

以前、何かの番組で玄関はキレイにしておくと幸せが自然とやってくるというようなことを風水と絡めて紹介されていたのも覚えていたので、いい機会なのでやってみることにしたのです。雑巾で取った細かい砂やゴミをとった雑巾はそのままベランダでパンパンと払って、後は水で流して洗濯機に入れて洗って終了です。お勧めですのでやってみてください。

脱衣所のカビ

 脱衣所の床の下からシートにカビが浮き出てきてしまいました。お風呂の入り口のすぐそばで、入浴時お風呂マットの下になってしまう部分ですので、水分がシートの下に入り込んでしまったのでしょう。家族が入った後は必ずマットは干して、水分は乾いた布で毎日拭き取っていたのですが、カビ発生してしまいました。ほうっておくと多分お風呂への入り口周辺すべて黒くなってしまいそうで、小さいうちに貼り替えをすることにしたのです。

早速、業者さんに来てもらいました。洗濯機を移動することは面倒なので洗濯機置き場の前でシートをカットしてもらいそこから貼り替えをしてもらうことにしました。結局は水分が床のクッションシートの下に入り込むことが原因なので、防水のシリコン加工をシートの貼り替え後の隙間にしてくれるとのことでした。クッションシートをはがしました。思った通りお風呂場への入り口一帯は真っ黒になっています。こんなになってしまっていたのか!と驚くばかりです。後は業者さんがやる作業をちらちらのぞき見をさせてもらっていたのですが、そのカビの部分をキレイに削るのですね。削った後の床のシート下のカビはすっきりと何もなくなっています。そのあとは床の凸凹を削って出来るだけ平らにしていたようです。後は削ってでたかすを専用の掃除機で吸い取って、シートを貼っていたようです。その後防水のシリコンを隙間にしぼり、きれいに加工して終了です。臭いがきついのでしばらく換気扇を回していました。2時間ほどは触らないようにと言われました。

こんな簡単に短い時間で済みます。脱衣所のカビはどうしても発生してしまうと思いますが小さいうちに対策をすることで、費用も時間も少なくて済みますので是非やってみたらいかかでしょう?

仕事や勉強がばりばりはかどるかも!?

なぜか思うように仕事や勉強がはかどらないそんな日が続いていることはありませんか?そんな時にいい風水があります。

仕事や勉強がはかどる時は、一体どんな環境で仕事や勉強をしている時ですか?たぶん、集中できる環境である時だと思います。以前こんな話を聞いたことがあります。机が散らかっている人は、仕事や勉強もできないという話。よく周りを見てみると机の上が綺麗な人は、ほんとに仕事も早いし勉強もできる人が多いような気がします。

机の上にある資料などをきちんとファイルわけしていると必要な時にどこにあるかすぐに取り出せます。机の中も同じことが言えます。定規が欲しいと思った時、ちゃんと整理整頓ができていればすぐにある場所がわかりすぐ使えます。

これが、ファイルも整理できていない、机の中も整理できていないと一体どこにあるのかが全くわからず、探すだけで時間がかかってしまうでしょう。そのようなタイムロスからも仕事や勉強の出来は変わってくるのかもしれません。

風水でも同じようなことが言えるようです。仕事や勉強をはかどらせる為には、まず机まわりを綺麗にすることだそうです。机のまわりが綺麗だと集中して物事に取り組めますよね。机の上や中がぐちゃぐちゃになってしまう前に、整理整頓を心がけるようにしましょう。最近、断捨離という言葉がはやっていますが、まさにそれです。不要なものを貯めこまずに、いるものだけを近くに置きいらないものは捨てるように心がけることが大切なようです。

懸賞運があがるかも!?トイレの神様!

懸賞に当たらないかなと思った時はありませんか?これで懸賞が当たるかもしれない風水があります。

私は、昔からよく懸賞には当たるタイプの人です。くじ運もよく、1等を当てたことも何度もあります。そんな私が、昔から絶対掃除を欠かさないのが、トイレ掃除です。トイレの神様と言う話はよく聞きますが、その通りでトイレには神様がいるのではないかというぐらい風水においても大切な場所になります。

トイレが汚れているといい運気はまわってきません。私が毎日しているトイレ掃除は、まず便器は徹底的に磨きます。トイレハイターなどで磨いた後、流せるペーパーで便座や床などを綺麗に拭きます。マットなども週1で洗い綺麗なものと取り換えます。トイレットペーパーなどは、出しっぱなしにするのではなく、棚の中になおしておくようにします。マンガや本などはトイレには置かずに、ちゃんと本棚に戻します。トイレでの匂いを防ぐため芳香剤も置くようにしています。といっても、毎日掃除は大変という方は、せめてトイレのふたは絶対に閉めておきましょう。トイレのふたがあいたままだといい運気はどんどん逃げていきます。運気を閉じ込めるという意味でもふたはしっかり閉めるように心がけるといいでしょう。

このように、トイレの掃除を心が得るだけで、いい運気がはいってきます。トイレは、毎日使う場所です。また自宅に誰かが来た時に目につくのもトイレではないでしょうか。綺麗なトイレだと使う人も気持ち良く使えます。ぜひ、綺麗なトイレを心がけてください。

戸建て住宅の大掃除―キッチン

大掃除で、一番頭が痛いのが、キッチンです。

キッチンには、水アカや油汚れだけでなく、野菜の泥汚れや調味料などの汚れなど、実にさまざまな汚れが流し台には付きます。プロに掃除を頼む場所としては、断然にキッチンが多いです。毎日使う場所であり、汚れやすい環境なのに、住まいの中で一番清潔でなくてはなりません。改めて、大掃除でなく、普段から掃除をしやすい環境を整えて、プチ大掃除を繰り返していくように考えていくと、そんなに大変なことではなくても、汚れをためてしまうと、プロに出動してもらわなくてはなりません。掃除しやすい環境を整えるという意味から工務店さんに色々な提案をしてもらいました。

キッチンの油汚れのトップは何と言っても換気扇です。換気扇掃除が簡単にできない理由は、油汚れがひどく、掃除が面倒なフィルターの存在と、換気扇本体の掃除の難しさです。そこで、思い切って、フィルターのないタイプのレンジフードをセレクトしました。

しかし、フィルターがないと、ダイレクトに油煙が換気扇をひどく汚してしまいます。そこで、換気扇本体を簡単にパーツが外せるタイプにしました。換気扇の部品を外して、市販の専用の洗剤をかけて、しばらくおいておくと、簡単に汚れを落とすことができます。そのため、こまめに手入れすることができます。

熱源もIHクッキングヒーターを選択し、天板に五徳がないので、簡単に手入れができます。シンクも油汚れが簡単に取れる材質のものを選択しました。キッチンの壁も防汚、抗菌、防臭効果のある内装用タイルを貼り、汚れても、さっと拭くだけで、綺麗になります。鍋などの収納部分内部にはステンレスの薄板が貼られたものをセレクトしたので、汚れても、拭けば、新品のようにピカピカです。

大切な住まいですから、綺麗な状態を維持していきたいけれど、手間が省ける「掃除楽々仕様」の住まいになりました。

戸建て住宅の大掃除―壁紙

 戸建て住宅を建てる時には全てが新品なので、掃除することまで考えが及ばないのですが、しっかり者の私の友人は、毎日の掃除や大掃除のことを考えて、内装材を選びました。

特に、壁には、最近、注目されている高機能壁紙の中から選びました。掃除をしやすいということは、汚れにくいということと実際に掃除しやすいという2つが大切です。壁紙の性質上、汚れやにおいがしみこみやすく、とれにくいです。手垢などの汚れが壁紙自体にしみこんでしまいます。また、煙草や生活の匂いなども吸収して、汚れだけでなく、悪臭までも放つようになってしまいます。

そこで、子ども部屋や廊下には汚れを防止し、臭いを吸収しにくい特殊フィルムで壁紙の表面をコートした高機能壁紙を採用しました。特殊フィルムでコートされているお陰で、水拭きや中性洗剤を使って落とすことができるようになっています。3人のわんぱく坊主たちがクレヨンなどでいたずら書きをしても、目立たない程度くらいまで落とすことができます。照明のスイッチ付近の手垢も洗剤を含ませた布でこすっても、汚れが広がり、輪染みになることもなく、きれいに落とすことができます。

 リビングには、もう1人のわんぱく坊主であるシーズー犬のビルの引っかき傷や子ども達のいたずらも気になります。お客様を迎える場合もありますので、リビングの壁紙はいつもきれいであって欲しいので、引っかき傷などに強いかなり耐久性のある壁紙を採用しました。この壁紙は汚れも落とし易いので、やはり、気になった時に水拭きや中性洗剤を使って落とすようにしているそうです。

普段、汚れに気をつけて、こまめに汚れをふき取っていたら、大掃除はとても楽になります。コスト的には少しかかりましたが、メンテナンスや大掃除のことを考えたら、案外、有効な投資であると考えているそうです。

戸建て住宅の大掃除―収納

 私がリビングを吹き抜けにしなかったのは、掃除好きが災いしたからです。特に、自分の家となると、自分の手で磨きたいと思いましたから、開放感よりも掃除をする喜びを優先してしまいました。

身長が152㎝と小柄な私は、社宅や賃貸マンションや分譲マンションのいずれに住んでも、家具に囲まれた生活になってしまいました。そこで、住まいを建てる時に一番に注文をつけたのが、部屋ごとの収納でした。

自分たちの生活の中で、必要なものを考えて、おおまかに定位置を決め、できるだけすっきり暮らしたいと思いました。すっきり片付いていれば、掃除も簡単にすることができます。掃除好きの私でも、大掃除というのは、やはり大変です。改めて、大掃除でなく、普段から掃除をしやすい環境を整えて、プチ大掃除を繰り返していくように考えていたところ、工務店さんから色々な提案をしてもらいました。

 一番の提案は、「使うものは使う場所に収納」ということでした。

リビングで使うものはリビングにというコンセプトで、リビング階段の下にリビング納戸を作り、そこには、夫の読んでいる本やよく聴くCDを並べ、いつでも手にすることができます。また、すぐ、片付けることもできます。キッチンには、小さいながらもパントリーを作りつけました。ここには、種類ごとに整然と、食品や調味料などを収納しています。殺風景というのでなく、あるべき場所に必要なものを収納することができたら、掃除も簡単にすることができます。

 二番目の提案は、「我が家サイズ」です。吹き抜けにしなかったのもその一例ですが、やはり、簡単に掃除しやすいサイズというのがあります。踏み台程度ではなく、脚立や足場を組まなくてはならないというのでは、掃除も簡単にとはいきません。それでも、脚立が必要なところだけを大掃除の時期にすることにしています。