間取り

家造りでまず決めることは、間取りです。間取りによってその住宅の暮らしやすさも変わってくるだけに、住宅内の動線をイメージしながら無駄な動きをせず、効率よく移動できる住まいを目指しましょう。そこで我が家が間取りを決める際に注目したのが「洗面室」です。

洗面室は、家族みんなが一日何度も多目的に使用しますし、家事を行う上でも重要な空間です。そのためこの洗面室を行き止まりのない回遊型の動線にしました。帰宅してスムーズに洗面室へ行けるように、玄関側からの動線と家事を行う上でキッチンと洗面室はよく行き来をするため、キッチンからの動線と2方向の動線を確保したのです。玄関側の動線を得たことで、帰宅してまずこの洗面室へと向かい手洗いを行います。外で汚れて帰宅してもスムーズに洗面室へと行けるため、室内を汚さずに済みます。

家事を行う際に、キッチンで朝食の支度をしながら洗面室では洗濯を行ったり、夕飯の支度を行いながら洗面室では入浴の事前準備や洗濯物をまとめたりとこれら2つの空間で同時に2種類の家事を行うことが多いだけに、キッチンからの動線のスムーズさが家事の効率に大きく影響してきます。キッチンからの動線を確保し同時に2種類の家事を行いやすくしたのです。キッチンから洗面室、そして玄関へとスムーズに移動できるため住宅内の動きもしやすいのです。間取りを決める際には動線を意識して、最短で動きやすい動線にしましょう。

子ども部屋

子どもが幼少期は、個室を必要としません。我が家の子ども達はまだ小さいためそれぞれに個室を設けるのではなく、広々としたワンルームの子ども部屋を設け、将来的にこのワンルームを二つの個室として利用できるように計画しました。

住宅の中で空間に一番変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長に合わせてピッタリの空間が広がるようにしてあげたいものです。将来二つの個室になることを想定して出入りするドアや窓、照明やコンセント、クローゼットは二部屋分設けておきます。このようにしっかりと環境をあらかじめ設けておくことで、個室を必要とした時おおがかりなリフォームをすることなく空間を簡単に区切ることができるのです。

空間を区切る際は、壁で区切るのもいいのですが、可動間仕切り収納を取り入れるとより簡単にそして手軽に空間のレイアウトを変更することができます。幼少期は壁に沿わせるようにこれを設置しておきます。そうすることで広々空間が確保でき、のびのびと遊べる空間が広がります。小学校高学年頃になると兄弟姉妹との繋がりを感じながらも、プライベートな空間も欲しくなるものです。この時期は可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央で移動させ、独立した空間を手に入れられるようにします。そして、中学・高校生頃になると個室が必要とするのでその時には残りの間仕切り収納を部屋の中央へと移動させて空間を完全に区切るのです。

子ども達が成長すればいずれは巣立っていきます。巣立っていった子ども部屋を再びワンルームへと戻して新たな活用法を取り入れることもでき、臨機応変に対応しやすくなるのです。子ども部屋は柔軟な対応が行える環境作りを心がけましょう。

あかり

気分や目的に合わせてあかりを模様替えできる住まいにしてみてはいかがでしょうか。リモコン一つで明るさの色味や度合いを変えられ、適したあかるさで空間を照らすことでその空間の快適性を高められるのです。

家族が長時間過ごすリビングは、みんなが様々なことをして過ごします。テレビを見ながらくつろいだり、勉強や読書をしたり、家事をしたりと一つの空間で多目的に使用されます。それだけにその時々で適したあかるさが求められます。一日の始まりはすがすがしくスタートさせたいものです。人が心地よく感じるのが快晴の青空です。そこで白~青っぽい光色でリビングを照らします。そうすることですがすがしく爽やかな気分になり、朝の目覚めもスッキリとして心身ともにリフレッシュされます。

逆に夜は、家族みんなでくつろげる空間が求められます。より落ち着いた雰囲気となるように赤みかがった光色でリビングを照らすのです。部屋のくつろぎ感が高まり、家族の友人とリラックスしたり、くつろぎたい時には適しているのです。勉強や読書を行う際には、白~青っぽい光色で、明るさの度合いをアップさせます。そうすることで文字が見やすく、勉強への集中力も高められるのです。

リモコン一つで操作できる手軽さも嬉しいものです。照明を選ぶ際には、つい照明器具のデザイン性ばかりに注目してしまいがちですが、あかるさの色味やあかるさの度合いにも注目して機能性に優れた照明器具を設けることで、室内の快適性も変わってくるのです。

吊り戸棚が無いキッチン

ワークトップ下の引き出しを120%活用
流しの下にある引き出しは上下2段に分け、上には片手鍋とボウルなど、下には鍋がしまわれています。もう一段引き出しがあり、鍋とフタ、土鍋、ヤカンを収納して、水を張って使う調理道具が全て収まっています。
レンジの下にある引き出しの上段には、フライパンとフタを立てて収納し、空いた場所にはオイルなどの調味料が収まっています。下の引き出しには、卓上コンロや卓上IH、たこ焼きプレート、バットといった薄い道具を、使用頻度の低い順に重ねてしまっています。

食洗器下の小さな引き出しは、キッチン用洗剤とお手入れ用品を入れています。
スペースを無駄なく使うために、深さのあるフライパンやツマミのある鍋のフタは、A4サイズのマガジンホルダーに立てて収納し、プラスチック製で、大きいものを入れても程よく膨らんでくれるのは、100円グッズの良いところです。引き出しの手前の空きスペースもフル活用し、洗剤ボトルやペーパーナプキンの束を入れています。

小さくても収納力があるラック
調理家電用家具の隣には、カウンターを兼ねた収納ラックには、引き出しケースの上に布ケースを置き、乾物や保存食品のストックを収納し、下段にはゴミ箱を入れています。ラックの横にはプラカゴを引っ掛け、食品のほかにハサミやヒモなども入っています。冷蔵庫の横のマグネット式のタオル掛けにもプラカゴをつけ、レジ袋などを入れています。

片付いて見えるには、色を統一する
壁の仕上げをはじめ、収納扉、調理家電などを白で統一すると、キッチン全体が明るくなり清潔感も出ます。また色数を抑えたキッチンでは、赤や黄色のアクセントカラーも映えます。

1坪洗面室

今までは洗面室の広さは1坪が一般的と言われていました。しかし、洗面室をユーティリティスペースとしても利用させる家庭が増え、1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多いのです。しかし、我が家の洗面室は1坪という限られた広さしかありません。しかし、限られた空間を無駄なく最大限に有効活用させることで1坪でも十分であると感じています。

まず洗面室の扉を引き戸にしました。引き戸にすることで洗面室内にデッドスペースを生まず、空間を最大限に有効活用できるのです。そして、通常洗濯機の上部辺りに設けられる窓を、天井近くの高い位置に設けました。そうすることで壁面を確保できますし、窓を物でふさぐこともありません。チェーンで開閉できる窓であればしっかりと採光・採風が確保できます。

洗面台と洗濯機を横並びに設置しています。二つの間には30㎝ほどの隙間が生まれます。この隙間をそのままにするのではなく、洗面台と同じ高さと奥行の隙間収納を設けました。タオル類やお化粧道具、ヘアアイロンや洗濯洗剤など意外と収納力があるのです。そして洗濯機上部には可動オープン棚を設けて下着やパジャマを収納することができています。

入浴時には着替えを置いておくカウンターがあると便利です。そこで開閉式のカウンターを設け、使わない時は壁にしっかりと収められるようにすることでスッキリとした空間となっています。1坪での上手に活用させれば利用しやすい空間となるのです。

吹き抜けのあるリビング

我が家はリビングの一部分に吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けるかどうかは最後まで悩んだことの一つでもあります。

吹き抜けを設けることでリビングがオシャレな印象になります。視線が二階にまで繋がることで面積以上の広さを確保することができますし、高い位置に設けた窓からは日差しをたっぷりと採りこむことができ、明るさや風通しを確保できるのです。縦に空間が繋がることで立体感が増し、家族がどこに居ても互いの気配を身近に感じ、家族の繋がりやコミュニケーションを大事にできるのです。

このような魅力がある一方で、デメリットが気になりなかなかふんぎることができませんでした。それは冷暖房効率を下げるということです。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇していきます。一階のリビングで暖房を使用しても吹き抜けを通し二階へと暖気が流れていってしまい、リビングの足元はひんやりした印象が残るのです。そこで建物自体の断熱性を高めることと、熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性を高めました。そうすることで外気温に影響されず室内の暖気を外に逃がしにくく、外から入ってくる熱を遮断し冷暖房を効率よく使用できるようになるのです。建物全体の断熱性を高めることで一階と二階で温度差の少ない家にすることができるのです。

吹き抜け部分には天井ファンを設置し、上がってくる暖気を循環させたり、足元から暖めてくれる床暖房を取り入れて対策をとっておくのもいいと思います。冷暖房を使用した時の最初の動力は面積が大きいため少しかかってしまうのですが、冬でも暖かな住まいが広がり、冷暖房を効率よく利用できるので吹き抜けを設けて良かったと思っています。

浴室

浴室は、一日の身体の汚れを落とす場所でもありますし、疲れを癒し、リラックスする場所としても利用されます。しかし、滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多く起きている場所であることも忘れてはいけません。家庭内で最も危険な場所でもあるだけにしっかりと安全性の確保を行っておきたいものです。

まず、滑りにくく衝撃を吸収してくれる床にしましょう。以前のようなタイルのつるつるとした床は、滑って転びやすく、大きなケガをすることもあります。最近の浴室の床は、表面の凹凸を細かくすることで濡れていても足が床面をピタッととらえ、滑りにくい形状になっています。万が一転んでも衝撃を吸収してくれるクッション性を持たせたものや、膝を直接ついても痛くない柔らかい感触の床になっているのです。

次に浴槽です。以前は、和式の高さのある浴槽が多かったです。高さのある浴槽を床に置くタイプであったため、入浴する時には足を高く上げてまたがなければなりませんでした。小さい子どもや足腰の弱った高齢者にとってはとても入りづらいものでした。最近では半埋め込み式が主流となり、また浴槽の形状も高さよりもゆったりと寝そべって入浴できるような形状が多くなっているため浴槽へのまたぎ部分の高さが低くなり、よりスムーズに出入りが行えるようになっています。

浴室内では、立ったり、座ったり、またいだりと意外と動作が多いだけに、転びやすい姿勢になる場所につかまりやすい手すりを設置し、浴室の安全性を高めるといいと思います。快適なバスタイムを送るにはまず安全性の確保が必要なのです。

洗面室の収納

洗面室は、家族みんなの使用頻度が高い空間です。いろいろな用途で使用されるこの空間には物が集まってきやすく収納不足に陥りやすい場所でもあるのです。そこで洗面室こそ無駄なスペースを生むことなく、収納を充実させましょう。

洗面化粧台の収納力も大事です。鏡の奥の収納や洗面ボウルの下部分の収納も無駄なスペースを生むことなく効率よく収納しましょう。洗面ボウルの下の収納は以前は、開き戸タイプが多かったですが、最近では引き出し収納が増えています。引き出し収納は、奥にしまったものまで把握しやすく、奥のものでも出し入れがしやすいのです。

引き出し収納の下には、体重計置き場も設けておくといいでしょう。意外と邪魔に感じる体重計だけに、スッキリと収納したいものです。洗面室洗面化粧台と洗濯機を隣り合わせで設置する家庭も多いです。これらを隣接させると隙間が生まれことも多いのですが、洗面化粧台の高さや奥行に合わせてサイズオーダーした縦型の収納を並べて収納スペースを確保するのもいいと思います。広さに限りのある洗面室でもこのような隙間を有効活用させることで収納力がアップしますし、わずかな隙間といっても意外と収納力があるので重宝します。

そして、洗濯機の上部には可動オープン棚を設けて洗濯関連用品を収納したり、ハンガーパイプを設けて家事がしやすい環境を整えるのもいいでしょう。脱衣室としても利用するため下着やパジャマまで収納できるリネン庫があるとより便利で使いやすい空間となります。生活感が溢れやすい洗面室こそ収納を充実させたいものです。

長期優良住宅

我が家は長期優良住宅です。この長期優良住宅とは、住宅を長期に渡り使用することによって、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減し、建替えに係る費用の削減によって住宅に対する負担を軽減し、より豊かで優しい暮らしを目指すことを目的としたものです。

長期優良住宅と認定されるには7つの認定基準を満たさなければいけません。まず一つ目が、劣化対策(耐久性)です。これは世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能が必要です。二つ目は、良好な居住水準を確保するために必要な規模を有していなければなりません。三つ目は、維持管理・更新の容易性です。メンテナンスやリフォームのしやすい家が求められます。

四つ目は、省エネルギー性です。断熱性能など一定の省エネルギー性が確保されている必要性があります。五つ目は、耐震性です。大規模な地震に対して倒壊しにくい、またもしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要です。六つ目は、居住環境です。地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであることが求められます。

最後に維持保全計画です。建築後の住宅維持保全の期間が30年以上です。図面仕様書等データで保管し、構造耐久上主要な部分、給配水管等について、仕様や点検の項目や予定時期がしていされたものでなければならないのです。

これらの7つの認定基準を満たして初めて長期優良住宅と認定されます。認定されると住宅に関する税金の優遇措置がとられ、家造りを財政面からもバックアップしてくれるのです。丈夫で安心して暮らせる住まいを手に入れることができると同時に、税制優遇のメリットも得られ我が家は長期優良住宅にして良かったです。

スタディーコーナー

最近では二階の子ども部屋に立派な学習机を購入するよりも、リビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける方が多くなってきています。リビング学習は子どもの学力を向上するとも言われており、二階の自室で一人こもって勉強する子どもは少ないのです。周りに生活雑音がある方が落ち着くという人も多く、分からないところや質問したい時近くにいる親に聞けるためコミュニケーションを深めることもできるのです。

子どもがよりよい環境で勉強を行えるようにスタディーコーナーを設けておきましょう。ダイニングテーブルやリビングのローテーブルでは集中力に欠けてしまいますし、食事をする場所と勉強をする場所が同じというのも生活にメリハリが失われてしまいます。我が家はダイニングの窓際にスタディーコーナーを設けました。子どもが二人並んで勉強できるように、また親子で並んで宿題のチェックが行えたりできるように横幅を設けていますし、教材を広げて勉強しやすいように奥行も確保しています。

カウンターの下には両サイドにオープン棚を設けており、勉強道具の一時置きスペースやランドセル置き場として重宝しています。収納スペースがあることで勉強をしない時はカウンターの上をスッキリと片付けられるのです。正面には窓があるため自然の明るさを採りこめ明るい環境で勉強ができ、クロスをマグネット壁紙にしたことで時間割など学校からのプリントを掲示できるようにもしています。キッチンで夕飯の支度をしながら子どもが勉強している様子が確認できますし、子どもにとっても親が近くにいる安心感から勉強に集中できるのです。このようなスタディーコーナーを設けておくべきだと思います。